帳票スクエア クラウド帳票サービス

Q&A
サイトマップ

ログイン

お試し会員の方もこちら

Hitachi

第1章 総則

第1条 本規約について

本規約は、株式会社日立製作所(以下「当社」といいます。)が提供する本サービスに関し、本会員と当社との間で締結する利用契約に適用されるものとします。

第2条 定義

  1. 本規約において「本サービス」とは、次の各号のサービスから構成される、当社が提供する帳票サービス「帳票スクエア」の試用サービスをいうものとします。
    (1)
    帳票デザインサービス
    (2)
    帳票出力サービス
  2. 本規約において「本会員」とは、別途当社が定める方法により、当社と「帳票スクエア」の試用に係る利用契約を締結する法人をいうものとします。
  3. 本規約において「利用契約」とは、別途当社が定める方法により、当社と本会員との間で締結する、本サービスの利用に係る契約をいうものとします。
  4. 本規約において「ID」とは、本会員が本サービスを利用するために必要な符号であり、かつ、当社及び第三者が本会員と他の会員を識別するための符号をいうものとします。
  5. 本規約において「パスワード」とは、本会員がIDを利用して本サービスを利用する場合に、本会員本人による利用であることを認証するため、IDと一対の関係にあり、その一致により認証をするために使用する符号をいうものとします。
  6. 本規約において「サーバ」とは、公衆の用に供する電気通信回線に接続することにより、その記録媒体のうち自動公衆送信の用に供する部分に記録され、又は当該装置に入力される情報を自動公衆送信する機能を有する装置をいうものとします。
  7. 本規約において「ウェブページ」とは、電気通信回線を通じてサーバに接続した電子計算機に対し、サーバから送信され、当該電子計算機の出力装置の映像面に表示される内容をいうものとします。

第2章 利用契約の締結

第3条 申し込み

  1. 本サービスの利用を希望する法人(以下「利用希望者」といいます。)は、本規約を承認した上で、別途当社所定の方法により、本サービスの利用を申し込むものとします。
  2. 本サービスの利用契約を締結することができる利用希望者は、日本国の居住者に限られるものとします。

第4条 承諾

  1. 前条の規定に従い利用希望者が本サービスの利用の申込みを行った場合、当社がこれを承諾するときは、当社は、利用希望者に対し、当該承諾の通知をするものとします。
  2. 前項の通知が利用希望者に到達後、利用希望者が当社所定の方法により登録処理をした時に、利用希望者と当社との間で、本規約の内容により、利用契約が成立するものとします。
  3. 当社は、次の各号のいずれかに該当する場合、利用希望者の申込みを承諾しないことがあるものとします。
    (1)
    利用希望者の申込内容に、虚偽の内容や誤記等があった場合
    (2)
    利用希望者が存在しないことが判明した場合
    (3)
    利用希望者が申込時に当社に通知した、電子メールアドレスその他の連絡先あてへの当社からの通知が、到達しない場合
    (4)
    申込以前に、利用希望者が当社と利用契約を締結していたことがある場合に、当該利用希望者の責めに帰すべき事由によりに当該利用契約に違反し、当社から当該利用契約の解除若しくは解約、又はサービスの利用を停止されたことがある場合
    (5)
    利用希望者による本サービスの利用が、法令に抵触し、若しくは公序良俗に反し、又はそのおそれがある場合
    (6)
    利用希望者への本サービスの提供により、当社の業務上又は技術上の著しい支障が生じ、又は生じるおそれがある場合
    (7)
    利用希望者が日本国の非居住者であることが判明した場合
    (8)
    利用希望者が「外国為替及び外国貿易法」又は米国輸出管理規則により、 取引の制限その他これに類する措置が講じられている場合
    (9)
    前8号に規定するほか、利用希望者の信用状況等に関する当社の審査基準を満たさない場合

第5条 変更の申込み

  1. 本会員は、第3条の規定に従い当社に申込みをした後、当社に通知した内容に変更が生じた場合、速やかに当社に当該変更の通知をするものとします。
  2. 前項の変更の通知に当たっては、前2条の規定を準用するものとします。

第6条 会員による解約

  1. 本会員は、本サービスの利用を中止する場合は、当社所定の方法により、当社に対し、解約を届け出るものとします。
  2. 当社が前項の届出を受理した時に、利用契約は解約されるものとします。フォーマットは削除されます。

第7条 個人情報の取扱いについて

本会員が本サービスに提供した登録事項その他の個人情報の取扱いについては、 別途本サービス所定の「帳票スクエアにおける個人情報保護に関して」が適用されるものとします。

第8条 秘密情報の取扱いについて

  1. 当社及び本会員は、本サービスに関して相手方から秘密である旨指定されて開示された情報(以下「秘密情報」といいます。)を秘密に保持するものとし、事前に相手方の書面による承諾を得ることなく第三者に開示しないこととします。ただし、次の各号のいずれかに該当する情報は、秘密情報に該当しないものとします。
    (1)
    相手方から開示される前に受領当事者が保有していた情報
    (2)
    相手方から開示された秘密情報によることなく、受領当事者が独自に開発した情報
    (3)
    公知の情報
    (4)
    受領当事者が秘密保持義務を負うことなく第三者から正当に入手した情報

第3章 本サービス

第9条 本サービス利用の対価

本会員は、本サービスを、無償で利用できるものとします。

第10条 ID、パスワードの取扱い

  1. 当社は、本会員と利用契約を締結した場合、遅滞なく、当該本会員に対し、 ID及びパスワード(以下「ID等」といいます。)を発行し、その使用を認めるものとします。
  2. 本会員は、ID等を譲渡、貸与その他の方法により、第三者に使用させてはならないものとします。
  3. 本会員は、ID等の使用及び管理について一切の責任を負うものとします。
  4. 本サービスの利用時に、当社がID及びパスワードの提示を求めた場合に、 当該ID及びパスワードが対応したときは、本会員は、当該ID等を使用してなされた行為について、 本会員の行為とみなされることを承諾するものとします。
  5. 本会員は、本サービスの提供を受けるためにのみID等を使用するものとし、それ以外の目的では使用しないものとします。
  6. 本会員がID等の盗難、又は第三者による利用を認識した場合には、本会員は、直ちにその旨を、 当社の「お問い合わせ窓口」へ通知し、当社の指示に従うものとします。
  7. 当社は、第三者によるID等の使用等について一切の責任を負わないものとします。

第11条 帳票スクエア-Salesforce接続スクリプト

  1. 本規約において「帳票スクエア-Salesforce接続スクリプト」(以下「本スクリプト」といいます。)とは、株式会社セールスフォース・ドットコム(以下「Salesforce.com社」といいます。)が提供するオンラインサービスであるSalesforce CRMに設定することにより、当社の提供する帳票サービス「帳票スクエア」と接続し、Salesforce CRMに格納されたデータを用いた帳票出力を可能とするスクリプトをいうものとします。なお、本条において「設定する」とは、Salesforce CRMのカスタマイズ機能を使用して、本会員のSalesforce CRMの環境に組み込んで複製することをいうものとします。
  2. 本会員は、別途当社が定める方法により、本会員のSalesforce CRMの環境に本スクリプトを設定できるものとします。
  3. 前項に規定するほか、本会員は本スクリプトをバックアップの目的でのみ複製することができます。
  4. 前3項の規定に基づき複製された本スクリプトの取扱いは原本の取扱いと同一とし、本会員は、本条の規定に従ってのみ取り扱うとともに、その複製のすべてに原本と同一の表示を行うものとします。
  5. 当社は、本スクリプトの品質又は性能に関する瑕疵等を含め、損害賠償その他一切の責任を負わないものとします。
  6. 本会員は、本スクリプトの全部若しくは一部を改変し、又は他のプログラムと結合してはならないものとします。
  7. 本会員は、本スクリプトを第三者に対し、有償であると無償であるとを問わず、譲渡、使用許諾その他の方法で使用させてはならないものとします。
  8. 本会員は、本スクリプトの使用に先立ち、別途Salesforce.com社との間でSalesforce CRMの利用に係る契約を締結しているものとします。

第4章 本サービスの詳細

第12条 帳票デザインサービス

  1. 本規約において「帳票デザインサービス」とは、本サービスのうち、帳票サンプル集によって帳票デザインを提供するサービス、及び本会員による帳票デザインのカスタマイズ機能を提供するサービスをいうものとします。
  2. 本会員は、本サービスによってカスタマイズした帳票デザインが第三者のいかなる権利も侵害していないことを保証するものとします。
  3. 本会員は、帳票デザインサービスによって提供された帳票フォーマットを、本会員の業務の用に供する目的でのみ使用するものとし、有償、無償を問わず、譲渡、貸与、使用許諾、開示その他の方法で、第三者に使用させてはならないものとします。

第13条 帳票出力サービス

  1. 本規約において「帳票出力サービス」とは、Salesforce CRMに格納されたデータを用いて、PDF形式の帳票を生成し、Salesforce CRMに出力するサービスをいうものとします。
  2. 当社は、前項の出力に当たり、Salesforce CRMから本会員の顧客管理データを一時的に取得します。当社は、本会員がSalesforce上に設置した「帳票出力ボタン」を押下することにより、当該データの取得に同意したものとみなします。なお、当社は、帳票出力に使用したデータを当該帳票出力後、直ちに消去するものとします。
  3. 本会員は、帳票出力サービスによって出力された帳票を、本会員の業務の用に供する目的でのみ使用するものとし、有償、無償を問わず、譲渡、貸与、使用許諾、開示その他の方法で、第三者に使用させてはならないものとします。
  4. 当社は、Salesforce CRMにPDF形式の帳票を出力した後、生成した当該帳票を直ちに消去し、保持しないものとします。
  5. 当社は、帳票出力サービスを使用して本会員が1日あたりに出力できる帳票数の上限を別途定めることができるものとします。

第14条 知的財産権について

  1. 本サービスにおける当社の本会員に対する提供物の著作権その他の知的財産権は、当社に帰属するものとします。ただし、本会員が本サービスを利用することなしに作成した著作物がある場合、当該著作物に係る著作権は、本会員に留保されるものとします。
  2. 前項ただし書きに規定する著作物がある場合、本会員は当社に対し、当該著作物を無償で自由に利用して第三者にサービスを提供する権利を許諾するものとします。

第15条 帳票フォーマット等の使用について

  1. 本規約において「帳票フォーマット等」とは、帳票デザインサービスによって作成された帳票フォーマット及び帳票出力サービスによって出力されたPDF形式の帳票をいうものとします。
  2. 当社は、当社にその著作権が帰属する帳票フォーマット等につき、次の各号に規定する使用等を本会員に許諾するものとします。
    (1)
    帳票フォーマット等を複製及び改変すること。
    (2)
    帳票フォーマット等並びに前号の規定に基づき作成した帳票フォーマット等の複製物及び改変物(以下総称して「本件複製物等」といいます。)を本会員の事業の用に供する目的で使用すること。
  3. 当社は、本会員に対し、帳票フォーマット等に係る著作者人格権を行使しないものとします。
  4. 本条第2項の規定に基づく本会員の複製及び改変、並びに当該複製等により作成された本件複製物等の本会員の使用は、本会員の負担と責任により行われるものとします。

第16条 サービスの改善

  1. 当社は、サービスの向上を目的として、本会員に対してサービスの改善、充実に資する意見を求めることができるものとします。
  2. 本会員により提供された前項の意見に関する著作権その他の知的財産権は、当社に帰属するものとします。
  3. 当社は、サービスの向上を目的として、本サービスのユーザー利用に関する統計情報及び利用の傾向を調査及び分析することができるものとします。
  4. 当社は、本会員に事前に通知することなく、いつでも本サービスの内容の全部又は一部を変更することができるものとします。

第5章 会員の義務

第17条 本会員の費用負担等

  1. 本会員は、本サービスを利用する場合、別途当社が指定する仕様等に合致した、本サービスに要する機器、電気通信回線その他の設備を、本会員の費用と責任により、準備及び環境設定等を行うものとします。
  2. 当社は、本サービスの内容の変更等に伴い、本サービスの利用するために本会員が必要とする設備の仕様を変更することができるものとします。
  3. 本サービスに要する交通費、通信費その他の費用については、本会員が負担するものとします。

第18条 輸出管理

本規約に基づき当社が提供した帳票フォーマット等、技術情報等を、直接又は間接に、次の各号に該当する取扱いをする場合は、「外国為替及び外国貿易法」の規制並びに米国輸出管理規則など外国の輸出関連法規を確認のうえ、必要な手続きをとるものとします。

(1)
輸出するとき
(2)
海外に持ち出すとき
(3)
非居住者へ提供し、又は使用させるとき
(4)
前3号に規定するほか、「外国為替及び外国貿易法」又は外国の輸出関連法規に定めがあるとき

第19条 禁止行為

  1. 本会員は、本サービスを利用して次の各号の行為を行ってはならず、かつ、次の各号の目的のために本サービスを利用してはならないものとします。
    (1)
    当社又は第三者の著作権、特許権、商標権その他の知的財産権を侵害する行為
    (2)
    当社又は第三者の氏名又は商号その他の名称を、冒用その他不正に使用する行為
    (3)
    当社又は第三者の名誉若しくは信用を毀損し、又は中傷する行為
    (4)
    第三者を不当に差別し、又は第三者に対する不当な差別を助長する行為
    (5)
    当社又は第三者の営業秘密を不正に使用し、又は不正に開示する行為
    (6)
    他の本会員のID等の使用その他の方法により、第三者になりすまして本サービスを利用する行為
    (7)
    当社又は第三者の電子計算機、装置、電気通信回線等の正常な稼働に支障を生じ、又は生ずるおそれのある行為
    (8)
    当社による本サービスの提供を阻害し、又は阻害するおそれがある行為
    (9)
    前8号のほか、日本国若しくは外国の法令、又は公序良俗に違反すると当社が判断した行為
    (10)
    前9号の行為を教唆又は幇助並びに当該行使を容易にし、又は促進する行為

第20条 営利目的での利用等の禁止

  1. 本会員は、本サービスにより当社が発信した情報について、 次の各号の取扱いを行ってはならないものとします。
    (1)
    当社が発信した情報を、有償で第三者に提供し、又は使用させること。
    (2)
    当社が発信した情報を使用した製品、サービス等を、 営利目的で第三者に提供し、又は使用させること。

第21条 サービスの停止等

  1. 当社は、本会員が前2条の規定に違反していると当社が判断した場合、本サービスを停止し、又は利用契約を解除することができるものとします。
  2. 当社は、本会員による本サービスの利用により、当社による他の本会員その他の第三者への本サービス提供に支障を生じ、又は生じるおそれがあると当社が判断した場合、本会員による本サービスの利用を制限できるものとします。
  3. 前2項に規定する措置を講ずる場合、当社は、原則として、本会員に対し、事前に通知するものとします。ただし、緊急を要すると当社が判断した場合、事後の通知に代えることができるものとします。
  4. 前3項の規定に基づき当社が講じた措置に起因して本会員に生じた損害について、当社は、一切の責任を負わないものとします。

第22条 第三者との紛争等

  1. 本サービスの利用に関し、本会員と他の会員その他の第三者との間で紛争等が発生した場合、本会員は、本会員の負担と責任により、処理解決するものとします。
  2. 当社は、前項の紛争等について、一切の責任を負わないものとします。

第6章 発信情報の取扱い

第23条 提供される情報の取扱い

当社は、本サービスにより当社が提供し、又は本会員から提供を受ける情報の正確性、有用性等について、検証その他一切の責任を負わないものとします。

第7章 サービスの停止等

第24条 サービスの遅延又は一時停止

  1. 当社は、次の各号のいずれかに該当する場合、事前に本会員に通知することにより、本サービスの全部又は一部を遅延又は一時的に停止することができるものとします。
    (1)
    本サービスの提供に必要な設備等に対し保守、工事、障害の対策等が必要な場合
    (2)
    電気通信事業者が電気通信役務の提供を中止する場合
    (3)
    前2号に規定するほか、当社が必要と認めた場合
  2. 当社は、事前に本会員に通知することなく、不可抗力等により本サービスの全部又は一部が停止した場合、本サービスの停止後遅滞なく本会員にその旨を通知するものとします。
  3. 当社は、本サービスの遅延又は停止に関し、一切の責任を負わないものとします。

第25条 当社による解除及び解約

  1. 当社は、いつでも解約日の1か月前までに本会員に通知することにより、利用契約を解約することができるものとします。
  2. 当社は、次の各号のいずれかに該当する場合、本会員に通知することにより、いつでも利用契約を解除できるものとします。
    (1)
    本会員が第4条第3項各号のいずれかに該当する場合
    (2)
    本会員がその責めに帰すべき事由により本規約又は利用契約に違反した場合
    (3)
    本会員において解散その他これに類する事態が発生した場合

第26条 本サービスの終了

  1. 当社は、いつでも終了日の1か月前までに、本会員にウェブページ又は電子メールにて通知することにより、本サービスの提供の全部又は一部を終了させることができるものとします。
  2. 理由のいかんを問わず、本サービスが終了した場合、本会員は、本サービスに係るサーバに記録されている、第12条に規定する帳票フォーマットその他の電子データが利用できなくなることにつき、あらかじめ同意するものとします。
  3. 当社は、前2項に基づく本サービスの終了及び電子データが利用できなくなることに関し、本会員に対し、一切の責任を負わないものとします。

第8章 一般条項

第27条 当社の営業日について

  1. 当社の営業日は、次の各号に規定する休業日を除く日とします。
    (1)
    土曜日
    (2)
    日曜日
    (3)
    「国民の祝日に関する法律」に定める休日
    (4)
    年末及び年始(毎年12月31日並びに1月1日、2日及び3日をいいます。)
  2. 前項に規定するほか、当社は、あらかじめ本サイトに掲載することにより、前項各号の日以外の日を、 当社の休業日とすることができるものとします。

第28条 損害賠償

  1. 本サービスは、本会員に対し、試験的に無償で提供されるものであり、当社は、本規約に定めるほか、いかなる場合にも本会員に対して損害賠償責任その他一切の責任を負わないものとします。

第29条 本規約の変更

  1. 当社は、変更日の15日前までに本会員に通知することにより、本規約を変更することができるものとします。
  2. 前項の変更について、承諾できない場合、本会員は、第6条の規定に従い利用契約を解約するものとします。
  3. 本条第1項の規定に従った当社の通知日から変更日までの間に、本会員が前項の規定に従い利用契約を解約しない場合は、本条第1項の変更に同意したものとみなします。

第30条 通知の方法

  1. 利用契約に基づく当社の本会員に対する通知については、次の各号のいずれかの方法により実施するものとします。
    (1)
    本サービスに係る当社のウェブページに、本会員に対する情報を記録し、送信する方法
    (2)
    本会員があらかじめ当社に登録した電子メールアドレスに、当社が電子メールを送信する方法
  2. 前項の規定に基づく通知の本会員への到達の時期については、次の各号に規定するとおりとします。
    (1)
    前項第1号の規定に基づく通知については、本サービスに係るサーバから本会員に対する情報を記録したウェブページを、電気通信回線を通じて当社が送信し、本会員が当該ウェブページを、電気通信回線を通じて受信可能な状態になった時
    (2)
    前項第2号の規定に基づく通知については、当社が使用する電子計算機と本会員が使用する電子計算機(本会員が契約を締結している電気通信事業者等が使用する電子計算機を含みます。)を電気通信回線により接続し、当社が当該電気通信回線を通じて送信した電子メールが、当該本会員が使用する電子計算機に備えられたファイルに記録された時
  3. 本会員は、本会員の当社に対する通知のうち、当社が指定するものについては、当社所定の書面により行うものとします。
  4. 前項の規定に基づく通知については、当該通知に係る書面が、当社所定の場所に到達した時に、当社に到達したものとします。

第31条 債権譲渡等の禁止

本会員は、当社の事前の書面による承諾を得ることなく、第三者に対し、利用契約に基づく債権を譲渡し、又は利用契約に基づく債務を承継してはならないものとします。

第32条 法令等の遵守

  1. 本会員は、本サービスの利用に当たり、「外国為替及び外国貿易法」の規制及び米国輸出管理規則等外国の輸出関連法規を遵守するものとします。
  2. 本会員及び当社は、利用契約の履行に関し、日本国及び適用される外国の法令等の定めを遵守するものとします。

第33条 存続条項

利用契約の終了後も、第6条、第7条、第8条、第10条、第11条から第16条まで、第18条から第23条まで、第26条、第28条、第31条、第34条及び第35条の規定が当該利用契約に適用される効力は、存続するものとします。

第34条 管轄裁判所

利用契約及び本規約に関する一切の紛争については、東京地方裁判所のみを管轄裁判所として処理するものとします。

第35条 準拠法等

  1. 利用契約及び本規約の成立、効力、解釈及び履行については、日本法に準拠するものとします。
  2. 利用契約及び本規約のいずれかの条項が無効となった場合でも、他の本規約等の各条項及び利用契約等の効力に影響を及ぼさないものとします。

以上

  • 機能一覧
  • 購入のお申し込み
  • 購入前のご相談はこちら 問い合わせ
  • 無料!お試し運用。帳票作成・出力を体験。登録はこちら。