帳票スクエア クラウド帳票サービス

Q&A
サイトマップ

ログイン

お試し会員の方もこちら

Hitachi

帳票スクエアに多く寄せられる疑問・質問にお答えするページです。

回答

概要

Q01.
帳票スクエアの特長を教えてください。

帳票スクエアは日本の商習慣にあわせた帳票を扱うパブリッククラウドサービスです。たとえば日本の帳票には、消費税の表記や押印欄が必要な帳票があります。また、A4縦、A3横など用紙のサイズが違っても出力できる柔軟さ、余白を細かく調整できる精密さを求められることもあります。帳票スクエアを使うことで、クラウド上でも「本格的な様式編集」や「精密な帳票出力」ができ、かつクラウド本来のメリットも活用できます。

Q02.
帳票スクエアを使うために必要なものはありますか。

帳票スクエアは、業務アプリケーションと連携して帳票を作成します。業務アプリケーションから帳票スクエアを呼び出すために、WebAPIを提供しています。WebAPIを利用することによって、シンプルな実装で多彩な出力方法を実現することができます。

WebAPIの詳細は、次のページをご覧ください。

導入前に知りたいこと

Q01.
帳票スクエアを利用するための費用を教えてください。

帳票スクエアは、ユーザー数、帳票フォーマット数、出力枚数で費用が決まります。初期導入費用は無料でご利用いただけます。

費用の詳細については、次のページをご覧ください。

また、ユーザー数、出力枚数の価格料金プランの例については、次のページをご覧ください。

なお、帳票スクエアと連携するための構築費用は別途必要となります。構築費用は、お客様環境や条件によって異なります。詳細については、次のページへお問い合わせください。

パートナーに構築を依頼できます。パートナーについては、次のページをご覧ください。

Q02.
導入までの期間はどのくらいかかりますか。

導入事例にて紹介しておりますが、環境構築を約2週間で完成した実績がございます。詳細については、次のページをご覧ください。

Q03.
帳票スクエアを利用できるブラウザを教えてください。

ブラウザほか帳票スクエアの利用推奨環境については、次のページをご覧ください。

Q04.
帳票スクエアを利用するためにSalesforceが必要ですか。

Salesforceがなくても利用できます。帳票スクエアはSalesforceに加えてJavaや.NET Framework等、幅広い業務アプリケーションと接続できます。

Q05.
動作環境について質問です。Salesforceとの連携にあたり、インターネットに接続できる環境があればよいですか。

帳票スクエアは帳票出力環境と帳票フォーマット編集環境を提供しております。帳票出力環境については、インターネットでSalesforceにアクセスできる環境であれば問題ありません。帳票フォーマット編集環境については、帳票デザイン作成ツール「EUR Designer for 帳票スクエア」をイントールできるPCを用意ください。対応OSは、Windows Vista、Windows 7 SP1以降になります。

Q06.
EUR Designer for 帳票スクエアについて知りたいです。

EUR Designer for 帳票スクエアは簡単なマウス操作により、ノンプログラミングで帳票を作成できるツールです。詳細については、次のページをご覧ください。

帳票作成について

Q01.
帳票フォーマット作成について質問です。作成代行をお願いできますか。

はい、できます。帳票フォーマット作成については、帳票のデザイン代行サービスとして提供しています。開発期間や金額は、帳票の数や難易度によって変わります。詳細については、次のページをご覧ください。

ご質問などのお問い合わせは、次のページよりお問い合わせください。

Q02.
紙の帳票があるのですが、帳票スクエアへの移行はできますか。

はい、できます。紙の帳票をスキャンして画像ファイルに変換していただくと、帳票作成時に下敷きとして利用できます。下敷きとした画像を参考に紙の帳票と同じ枠、文字位置、フォント等をスムーズに作成できます。

Q03.
Word、Excelで作成した帳票があるのですが、帳票スクエアへの移行はできますか。

はい、できます。「Word/Excel文書の変換」をご利用ください。Word、Excelファイルで作成された罫線も移行されます。なお、帳票スクエアへ移行後の出力はPDFでの出力になります。

Q04.
帳票の余白箇所を広くすることはできますか。

はい、できます。余白箇所はEUR Designer for 帳票スクエアで画面を見ながら上下左右に希望する幅に設定できます。帳票スクエアで作成できる帳票の例として、次のページも合わせてご覧ください。

Q05.
帳票スクエアで使えるフォントを教えてください。

帳票スクエアで使用できるフォントは、以下の11種類です。

• MS明朝
• MSP明朝
• MSゴシック
• MSPゴシック
• HG丸ゴシックM-PRO
• Courier New
• Times New Roman
• Arial
• メイリオ
• HG正楷書体-PRO
• HGS行書体

Q06.
帳票に外字を使用することはできますか。

帳票スクエアでは、動的なデータに外字が含まれていた場合には該当箇所が空白となります。帳票スクエアがサポートしているフォントで表示できる範囲の文字をご使用ください。
なお、固定文字列であれば、画像化していただくことで帳票に表示することができます。

帳票出力について

Q01.
Word、Excel出力はできますか。

帳票スクエアで作成できるのはPDFファイルのみです。

Q02.
Word、Excelへの差し込み印刷はできますか。

Word、Excelへの差込印刷については対応していません。帳票スクエアは、帳票に埋め込むデータをCSV形式でWebAPIに渡し、データが埋め込まれたPDF形式の帳票を作成する仕組みになっています。

Q03.
封筒や宛名シールに宛名を印刷できますか。

帳票スクエアでは、封筒サイズや宛名シールサイズの帳票に宛名を出力できます。実際に封筒や、宛名シールに印刷できるかどうかはプリンタに依存しますので、プリンタの仕様を確認ください。

お試し運用。Salesforceと連携して、帳票の作成から出力までを体験できます

Salesforce以外をお使いの方は、お問い合わせ窓口にご相談ください。

  • 機能一覧
  • 購入のお申し込み
  • 購入前のご相談はこちら 問い合わせ
  • 無料!お試し運用。帳票作成・出力を体験。登録はこちら。